カジノシークレットの出金を銀行送金でやるには気軽にやろうとしても他の出金手段ほど簡単には現金化ができないことがあります。

そこでこのページでは、カジノシークレットでの出金を銀行送金を使うべきかどうかの判断材料にしてもらえるように注意点などをまとめてみました。

最初に結論から紹介しておくと、急ぎで出金をしたい人はヴィーナスポイントかアイウォレットを選ぶのがベストだと言えます。

>> 登録手順を解説した記事

銀行送金を使う手順

銀行送金を使う手順は簡単で、まずは公式サイトで出金画面に入ります。

出金画面は管理画面の上にある人のマークをクリックすればOKです。

すると次に以下の画面が開くのでそこからパルテノン神殿のようなマークがある「銀行送金」のマークを選択してください。

次に開いたページで最高50,000ドルまでを出金できます。

ただし下限は500ドルとなっているので他のエコペイズやアイウォレットが20ドルから出金できるのに比べると大きな金額となってしまします。

出金する金額=500~50,000で入力をします。

銀行名=ローマ字で入力。不明な場合は銀行サイトや銀行に問い合わせてください。

お客様の口座名口座名義をローマ字で入力します

支店番号+口座番号=
支店番号(3桁)と口座番号(7桁)を繋げて入力します。

(例)1234567891

WIFT/BICコード=出金先銀行のスイフトコード
※8桁のアルファベット

※ジャパンネット銀行のように海外送金ができずにスイフトコードが存在しないところもあります。

→ スイフトコードの一覧はこちら

あとは「送信」をクリックすれば銀行送金は完了します。

ただし、利用する銀行によっては送金処理を止められてしまったり、お金の出どころなどを確認するための電話がかかってくることもあります。

これがデメリットと言えます。

国内銀行送金になってから手数料がかからなくなった

かつては銀行送金は国際銀行送金しかなかったんですが、最近になって国内銀行送金へと仕組みが変わりました。

国内銀行送金になったことで着金の際の手数料がかからなかくなったは大きなメリットだと言えます。

出金手段のなかで銀行送金が大きな金額を出せる

このカジノでは出金手段は3つありますが銀行送金がダントツで大きな金額を出せるんです。

銀行送金500ドル500ドル

出金手段 最低出金額 最高出金額
銀行送金 500ドル 50,000ドル
ヴィーナスポイント 20ドル 5,000ドル
アイウォレット 20ドル 500ドル

こうやって3つの手段を比較してみると、使い勝手が良いのは最低出金額が20ドルと小さなヴィーナスポイントとアイウォレットになります。

ただし、ハイローラーなど大金を賭けて遊び人からすれば1回に50,000ドルを出金できる銀行送金がベストだと言えます。

特にスロットなどで数千万円や億という大金を勝つ可能性があるゲームだと出金額も相当大きなものになるので銀行送金を使うと便利です。

それだけの大きな勝利をしてから準備すればいいと思う人もいるかもしれませんが、世の中には「準備ができてないと何も起こらない」という話もあるくらいなので、ぜひ大金の勝利を目指すなら銀行送金の準備はしておきたいところです。

利用したい銀行のスイフトコードを控えておくくらいでもやっておくと効果はあるかもしれませんよ。

>> 出金手段について紹介した記事

>> 出金上限額について紹介した記事

クレジットカードで入金した人も銀行送金が使える

入金時にクレジットカードを使って入金した人であれば銀行送金を選ぶことができます。

ちなみに最近になってオンカジ業界では珍しいダイナースカードで入金ができたり、JCBカードも使えるのでそれらのクレカを使って入金したい人でらばここのオンカジはまさに理想的だと言えます。

銀行送金を使うなら事前準備はほぼ不要で簡単!

銀行送金を使うなら先ほども紹介したように口座番号や銀行番号、それにスイフトコードを控えておけばすぐに出金処理ができます。

ところが、アイウォレットやヴィーナスポイントを使うとなれば、事前に利用するサービスに登録をする必要があります。

銀行送金は何も事前登録が必要ないのが魅力なんです。

ただし、事前登録をするのもヴィーナスポイントはかなり簡単です。

ヴィーナスポイントなら1回の出金上限額は5,000ドルあり銀行送金の次に大きな額を出金することができます。

もし、出金した資金を他のオンカジに回したりカジノシークレットに戻したい人はヴィーナスポイントを利用した方が使い勝手が良いですよ。

ちなみに私は最近はどこのオンカジを使ってもヴィーナスポイントをメインに使ってるくらいです♪

>> 登録手順を解説した記事