カジノシークレットの入金などにビットコインが使えるなら遊んでみたい!という人も多いと思います。

そこで最新情報を調べてみたところ、残念ながらカジノシークレットではビットコインを使うことができませんでした。

でも安心してください、このページではビットコインが使えるオンラインカジノも紹介してあります。

ビットコインが使えるオンラインカジノ

ビットカジノが使えるオンラインカジノは数が少なくて、信頼できる大手というところでピックアップすると以下のサービスとなります。

  • パイザカジノ
  • ビットカジノ
  • 10BET
  • カジノエックス

とくに信頼度が高いのはダントツでパイザカジノになり、後は似たような感じになります。なので迷ったらパイザカジノが無難だと思います。

パイザカジノは1回に500万円などを賭けるハイローラーにも人気がありますが、何よりの強みは1回の入金や出金に上限額がないことです。

仮に、1億円を勝ったとしても1回の出金処理で1億円を出金することができるんです。

これが例えばカジノシークレットになると1回の入金は最大でも25万円、出金だと50万円が上限となっています。

なので大金を動かしたい時には何度も処理をする必要があるためハイローラーにはパイザカジノが選ばれているんです。

ビットコインなどの仮想通貨を使うプレイヤーは現金を使う人よりも動かす金額が大きいので、もしもカジノシークレットでビットコインが使えたとしても、やはり他のパイザなどに移っていく人がほとんどじゃないかと思います。

カジノシークレットで使える決済手段

初心者におすすめの決済手段
  • 入金時はクレジットカードを使う
  • 出金時にはヴィーナスポイントを使う

この組み合わせが最も簡単なやり方になります。僕も体験済みです。

カジノシークレットで使える決済手段は以下のようになっています。

入金に使える手段

(クレカ)VISA 25~2,500ドル
(クレカ)MasterCard 25~2,500ドル
(クレカ)JCB 25~2,000ドル
(クレカ)ダイナーズ 25~2,000ドル
アイウォレット 25~5,000ドル
ヴィーナスポイント 25~5,000ドル
エコペイズ 25~5,000ドル

カジノシークレットの入金方法について

電子決済は他のオンカジと比べても選べる種類は同じで代わり映えはありませんが、クレカはJCBとダイナーズが使えるという点では優れています。

特にダイナーズが使えるオンカジなんてまだほとんど存在してません。

ただし、先ほど上記で紹介したパイザなどは増減額がないので、欲を言えばもっと1回に大きな額を入金できたらな~という感じがあります。

出金に使える手段

アイウォレット 20~500ドル
ヴィーナスポイント 20~5,000ドル
銀行送金 500~50,000ドル

カジノシークレットの出金について

アイウォレットとヴィーナスポイントは他のどんなオンカジでも選ぶことができますが、銀行送金が選べるのは貴重な存在となります。

ただし、銀行送金は直接に自分の銀行口座にお金が入ることになるため、場合によっては利用する銀行がカジノサービスからの送金を拒否してしまう可能性があります。

銀行はギャンブルに対して消極的な姿勢なのでトラブル回避のために受けてくれないことがあるんです。

また、仮にギャンブルサービスからの送金だと分からなかったとしても、海外からの送金が入る場合にはあなたのもとに「何のお金ですか?」と問い合わせが入る可能性もあります。

そもそもが海外からのお金を受け取ることにシビアなんです。

そうした面倒な背景を考慮したらヴィーナスポイントで受け取りをするのがベストだと思います。

実際、僕もヴィーナスポイント派でして、とりあえずヴィーナスポイントにポイントのままで貯めておいて、次にオンカジに入金したくなった時に使うようにしています。

ヴィーナスポイントを現金化することももちろん可能で、ヴィーナスポイントの管理画面で出金処理をするだけです。

アイウォレットを現金化する時もアイウォレットの管理画面で出金処理をするので基本的には同じやり方となります。